HOME業務内容 > 設計

測量

・設計

補償

地質調査

コンクリート診断

開発行為

業務実績

design

設 計

■ 土木設計
橋梁 都市計画 土地利用計画 公園緑地 区画整理 河川改修
港湾計画 道路計画 道路構造物 下水道設計 上水道設計
■ 農林水産土木設計
農村整備 農用地開発 農道整備 治山 林道
森林環境保全 漁港計画
■ 開発許可申請
■ 環境デザイン
■ 施工管理

私たちの仕事の紹介

私たちの携わる仕事について、その大半を占める社会資本整備事業を例にとって紹介します。事業は、企画 → 調査 → 計画 → 設計 → 施工 → 施工管理 → 維持管理、という段階を踏んで進められています。私たちコンサルタントは、施工を除くほとんどの段階で、発注者への技術提案など、様々な専門的ノウハウを提供しています。たとえば道路の整備であれば、次のようなプロセスで仕事を行っていきます。

【1】調査・分析
私たちの仕事は、通常はここからスタートします。「道路渋滞」「車の騒音・振動」「落石・崩壊などの危険性」などの問題を認識した発注者(官公庁=道路管理者)から調査・分析が依頼されます。そこで私たちは、それぞれの問題点を整理し、どのような対策が必要なのかを提言します。さらに、対策を講じることにより、どのような効果が期待できるのか、あるいは影響が出るのか予測・評価します。私たちは、その提言を、実態調査さまざまなシュミレーション結果などと一緒に「報告書」にまとめ、発注者に提出します。

【2】計 画
たとえば、「バイパスを建設しよう」と意志決定した発注者から、道路の計画が依頼されます。そこで、整備事業の要求事項を踏まえて、どこを通るルートが良いか、車線数はどれくらいが適当かなどをさまざまな角度から検討し、最も望ましいと思われる計画を提案します。

【3】設 計
いよいよ建設を具体化するための設計作業に入ります。設計速度に応じた走りやすい道路線形を決定し、盛土・切土部を計画し、それぞれ解析・検討・議論を重ね、道路の具体的な形を図化していきます。

【4】景観・デザイン検討
橋梁などの構造物のデザインは、地域の自然や風土に調和しているか、道路からの視点から見て、安全で快適なドライブを実現できる景観となっているかなど、さまざまな検討を行います。そしてその検討結果を、計画や設計にフィードバックしていきます。これらの検討は建設段階と並行して行われることもあれば、計画段階、施工管理の段階で行われることもあります。

【5】施工管理
施工(工事)の段階において、発注者に代わって施工管理を行うことがあります。図面通り、規格の合った品質が守られて工事が進んでいることなどを認識するものです。また、工事を行う施行者から、工法の変更や施工困難な箇所での構造変更など、当初の設計と異なる提案が出される場合があります。私たちは、これらの変更内容がこれまでの設計思想や条件に合致しているかを検討します。これらを公正・中立的立場で判断していきます。

以上が私たちの主な業務プロセスです。今後は、「より良い社会環境をプロデュースする」という立場に立ち、事業の発掘をより積極的に行い、構想・企画づくりといった川上領域、工事発注の際の積算、事業収支検討を含めたマネジメントの分野にも力を注ぎます。

CopyRight Corp Asuco All Right Reserved.